韓国映画「グッドモーニング・プレジデント」

こんにちは。 ^^

蒸し暑いですね~!

朝からエアコンをつけないと、熱中症になりそうで、つけました。

さ、今日は韓国映画「グッドモーニング・プレジデント」の話をしましょう。

2009年の映画で、主演は3人、イ・スンジェ、コ・ドゥシム、チャン・ドンゴン。

映画は3人の大統領のお話です。

最初に大統領として出てくるのは、イ・スンジェさん。

他のドラマでも大統領役をされたということですけども、本当によくお似合いですね。

時代劇では王様の役も多かったこの方。 韓国芸能界の重鎮、といった感じでしょうか。

名前は知らなくても「見たことある!」って思う方が多いと思われます。



movie_image (1).jpg




イ・スンジェさんの次の大統領はチャン・ドンゴンさん。

不動のカッコよさですね~~。

一体何歳でこんなに変わらないんだろう、と。

72年生まれとのことです…若いですねぇ。

こんなかっこいい大統領候補だったら、わたしも一票を入れると思います!(希望)

そして最後の女性大統領役はコ・ドゥシムさん。 国民のお母さん的存在ですよね。

映画ではとても強い女性で、かつ、ラストシーンでしなやかに踊るところは感動ものでした。



さて、この映画の韓国国民の評価ですが、イ・スンジェ、コ・ドゥシム、チャン・ドンゴンのいずれかが大統領になったらいいのに。

といった意見が多かったということが面白いですね。

もちろんこの方々は政治家ではないし、そういう役なのでただ演技をしているだけなのですよね。

作品等を通して与える俳優のイメージって、大きいんだなぁ、と思いました。

くすっと笑えて、心あったまるこの映画、よかったらご覧ください。




この記事へのコメント