韓国ドラマ「シカゴ・タイプライター」

こんにちは。

今日は秋晴れでした〜。

少し暑かったけど、空気がカラッとしていますよね。

バーゲンで買った厚手のジーンズが、やっと履ける季節になりました。

上半身は秋を感じさせるくすみ色のカットソーで、足元は軽さが欲しかったので、白のスニーカーにしてみました。(^^)

 

さて今日は、先日から見始めた韓国ドラマがあるので、その話をしましょう。

タイトルは「シカゴ・タイプライター  〜時を越えてきみを想う」です。

原題は同じで、それに副題が付けられた形ですね。

同じと言っても、「タイプライター」のことをかっこよく横文字で言ってはおらず、「タジャギ(打字機)」という固有語が使われています。

 

 

主演はユ・アインさん、イム・スジョンさん。

2017年のドラマです。

ユ・アインさんといえば、ちょうどこのドラマの発表の時に骨腫瘍と診断され、その後兵役が免除されました。

今はもう大丈夫なんでしょうか、新しい映画の公開が来年ということですから、良い方向に向かっていると信じたいですね。



9EB2426B-13BA-436D-86C7-A5A0A0BCA566.jpeg

 


イム・スジョンさんといえば、かの韓国ドラマ「ごめん、愛してる」のヒロインですね。

「シカゴ・タイプライター」では、この「ごめん、愛してる」というセリフを、イム・スジョンさん本人に言わせるという、韓ドラファンならば思わずクスッと笑ってしまうようなシーンがありました。

今後の展開も楽しみにしています。

 

 

この記事へのコメント