秋うつから身を守ろう

こんにちは。(^^)

今日のこちらは風が強いです。

涼しいかと思いきや、日向に出るととても暑くて、一気に汗ばむ変なお天気です。

先日の台風に伴う激しい雨で被災した地域に、無情にもまた雨ですね。

天気に情もへったくれもないですけどね。

科学は進歩しているのに、そのせいで異常気象、そして避けられない天災。

うまくいかないものですね。



そんなこんなことも影響してか、最近はめっきりやる気が出なかったんですよね。

暑かったのが急に気温が低くなったりして、そういうのも原因の一つですよね。

年齢的なことも影響しているかもですが。

先日テレビを見ていたら、私だけじゃなく、秋にやる気を失うというのは科学的根拠があるって言ってました。

秋は夏に比べ日照時間が減少するので、「セロトニン」という脳内物質が生産されづらくなるんですって。

このセロトニンというのは「幸せホルモン」とも呼ばれているんですよね。

そしてセロトニンは、精神を安定させ、ストレスを軽減させる働きがあるんですって。

なるほど、だから秋から冬にかけては、気分が落ち込みやすいんですね。

で、このままだと、別のストレスもあって、セロトニンが減る一方。

うつになったら大変なので、それは防ぎたいですね。




それでは、セロトニンを増やすにはどうしたらいいんでしょうか。

この時期にはできるだけ日光を浴びるということが、まず先決でしょうかね。

それ以外の方法がないのか、調べてみました。

方法の一つは食事です。

チーズや豆腐、卵、牛乳、バナナなどを摂る。
また、レバーやマグロ、カツオ、にんにくもいいそうです。

セロトニンを増やすもう一つの方法は、リズミカルな運動をすることだそうです。

規則正しいリズムを繰り返す運動は、セロトニン分泌を高めるそうですよ。

スクワットでもウォーキングでもいいので、リズミカルに行いましょう。

そうすることで、秋冬も落ち込まないようにして、春を迎えたいですね。



dance_family2.png

この記事へのコメント